健康OK

体の免疫力、抵抗力を高め風邪や病気を予防するための健康法、健康維持、健康管理に特化したサイトです。これであなたも病気知らずで有意義な人生が送れます!

健康OK

Archives for 免疫力

免疫力を高める6つの方法!

免疫力を高める6つの方法!

前回の「免疫力低下の原因! これだけは避けたい8つ」と重複する部分もあると思いますが、今回は免疫力を高める方法について解説します。

☆目次
1:ストレスをなくす
2:笑う
3:食事のバランスをとる
4:体温をあげる
5:適度に運動する
6:爪をもむ

1:ストレスをなくす

sea

ストレスにより免疫力は低下します。マイナス思考をやめ物事をポジティブに考えましょう。怒りや恐怖を感じるとそれに準備するため交感神経が作用します。交感神経が作用すると瞳孔が広がる、鼓動が早くなる、血管が収縮、血糖値が上昇、胃腸の活動が弱まる、発汗が始まるなどの症状が見られます。

ストレスを感じるとコルチノイドという物質が生成されこれがリンパ 節へ運ばれ、免疫細胞であるリンパ球を殺し減少させます。それも原因となり免疫を低下させます。

つまりストレスを感じることで免疫力を低下させるさまざまな要素が生まれるわけです。

逆に安らぎを感じた時には体を休ませる準備をするため副交感神経が作用します。副交感神経が作用すると、瞳孔が収縮、鼓動が遅くなる、血管が拡張、血糖値が低下、胃腸が働くなどの症状がみられます。

しかしストレスとなくすと簡単に言ってもなかなか難しいのが現状です。仕事で嫌なことがあった時、どうしても気分は落ち込んでしまいます。

旦那さんや奥さんとケンカしてしまった。そんな時ストレスを感じずいつも笑顔でいることも難しいと思います。

この世の中、ある意味ストレスだらけ。山にでもこもって世間から離れ聖者のごとき生活をすればストレスを感じずすむかもしれません。しかし現実問題としそれはほぼ不可能です。今の環境、今の状況でいかに心に安らぎを保っていられるかが重要になってきます。

「心」に関しては別のサイトを立ちあげる予定なので、そちらでまた解説したいと思います。

人間はやはり「体」と「心」が大切です。

 

2:笑う

smile

笑うことによりストレスが減少しかつ脳に刺激を与えることによりNK細胞が活性化し癌細胞を撃退します。 パストゥール医学研究センターの研究では笑いの直後 NK細胞の活動上昇度がガン治療、免疫療法の1つであるOK432を注射 した時より高かったことが確認されています。注射ではNK細胞を活性化させるのに3日かかるところ「笑い」では5分しかかからないことも報告されています。

さらに笑うことで脳内の血流量を増大させ流れがスムーズにつまり 脳の働きが活性化されまた自律神経も刺激するので血圧や心拍を整えます。

また30秒間笑うと3分散歩したのと同等の運動効果があります。つまり1分笑うと6分、5分笑うと30分も運動したことになります。

メカニズムとしてはまず笑うことにより善玉ペプチドが発生します。それが体中を流れNK細胞などに付着することで細胞が活性し免疫力が高まります。

ここまで医学的に証明されていると笑わない手はありません。毎日好きなお笑い番組を見て笑いたいですね。私は今までそんなに笑った覚えがなかったのですが、笑う事の大切さを知ってからお笑い番組を見るようになりました。ダウンタウンやトータルテンボスが好きなのでDVDなどで見てはバカ笑いしています。

笑う事で不治の病が完治したという例はたくさんあります。アメリカの ノーマン・カズンズさんは 膠原病 という難病にかかりました。しかし本やコメディー映画などを見て大笑いしながら過ごしました。すると痛みが和らぎ最終的に病気が完治しました。

免疫力アップには免疫系のバランスがとても重要になってきます。笑う事で リンパ球の CD4とCD8のバランスがよくなり免疫力が高まることもわかっています。エイズウイルスはこのCD4を破壊することで免疫力を低下させるのでエイズ治療法としても笑いが有効な手段となるわけです。

 

3:食事のバランスをとる

syokuji

食事は免疫力に大きな影響を及ぼします。バランスのとれた食事を心掛けましょう。また白血球を活性化させるといわれているキャベツ・きゅうり・大根などの生で食べられる淡色野菜を多くとりましょう。

マクロビオティックという言葉、聞いたことありますか? 玄米、野菜、海藻などを中心に摂取する食事法のことです。病気にならないようにし、たとえ病気になったとしても進行を阻止したり治癒させたりすることができるのがマクロビオティックです。

古代ギリシャ語「マクロビオス」を語源とする名称マクロビオティック(Macrobiotic) は「長寿法」を意味し食文化研究家の桜沢如一が第二次世界大戦前後に 考案した食生活法・食事療法が元になっています。

その後久司道夫氏らが研究、発展、普及を続け国際社会に認められました。1999年に日本人として初めてアメリカ国立歴史博物館であるスミソニアン博物館に殿堂入りしました。歌手のマドンナや、トム・クルーズらがマクロビオティック愛好家として有名です。

このマクロビオティックについてはまた詳しく解説したいと思います。

 

4:体温をあげる

drink

体温が1℃上がると免疫力は5~6倍高まります。逆に体温が低いと免疫力は低下します。風邪で熱が出ているときは免疫力を高めるために体が自ら体温をあげている防衛反応です。睡眠中の寝冷えなどに注意しましょう。

癌細胞は35℃前後の体温の時増殖し、39℃以上で死滅します。アメリカのコーリー博士は高熱が出る丹毒に感染した方38人中20人の癌が完治したことを発見しています。

国立予防衛生研究所によると39.6℃の温度が一般細胞に害がなく、癌は10日で死滅する実験結果を発表しました。

温熱治療は現在あらゆる癌の治療に適用されているとのことです。

またマクロファージが38.5℃以上で活性化することも実験でわかっています。

夏場暑いからと冷蔵庫から冷えた飲み物を取り出し一気飲み。以前はしょっちゅうしていたコトですがこれが免疫力を大幅に低下させていたとは、、いやはや恐ろしいかぎりです。

また人間は睡眠中、体温が低下します。逆を言うと体温が低下することで深い眠りへと入っているわけです。

暑いからと冷房をつけ、布団もかけずに寝てしまうとあっという間に体温が必要以上に低下しそれに合わせて免疫力も低下します。

免疫細胞の70%は大腸に存在しているといわれています。それゆえ腸のケアが直接免疫力を高めることに繋がります。そこで腹巻の登場です。睡眠中腹巻で腸温度を保っておけば免疫力が極端に低下することを防ぐことができます。

 

5:適度に運動する

run

適度な運動をすることにより白血球が活性化します。しかし過度な運動は逆に免疫力の低下を招くのでウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が望ましいです。

少し考えたんですが、例えば漫才などを聞きながらジョギングをすると 相乗効果で何倍もの効果が期待できるのではないでしょうか?

とはいえ笑いながら走っているのを誰かに見られたらよからぬ噂が立ちかねませんが、、。

 

6:爪をもむ

push

爪をもむことで血液の流れがよくなり、リンパ球も増えます。

免疫力低下の原因! これだけは避けたい8つ

免疫力低下の原因! これだけは避けたい8つ

目次:
1:薬
2:生活リズムの乱れ
3:年齢による低下
4:ストレス
5:食事
6:タバコ
7:飲酒
8:運動不足

 

1:薬

medisne

抗生物質を頻繁に飲んだり使用すること。病気になった時に薬にばかりに頼っていてはたとえ病気が治っても免疫力は低下しているままなので再び病気になりやすいです。本来持っている免疫力を高めウィルスを撃退するほうが薬を摂取するよる得策と言えます。

別の回でも話すつもりでしたが体温と免疫力にも関係があります。

研究によると人間の免疫力は体温が37℃台の時が最も活発になるとのことです。つまり37℃程度の微熱が続いている状態とは免疫細胞がウイルスと戦っているということです。解熱剤を飲み無理やり熱を下げることは免疫力を自ら低下させているようなものです。

実は私、これに完全に当てはまってました。少し熱っぽいとすぐに解熱剤を飲み風邪が治った気になりまたすぐぶり返す、その繰り返し。会社を休みたくないというのもあって無理矢理熱を下げてだましだまし生活してましたが、それが結果的に免疫力を低下させ病気を長引かせていたようです。

 

 

2:生活リズムの乱れ。
体を休めるべき時間帯には免疫系も休みます。その時に無理をすると簡単にウィルスの侵入を許します。また睡眠不足も免疫力低下の主な原因に上げられます。

実は以前4時間睡眠法という本を読んで感化され睡眠時間を削り時間をもっと有効的に使おうとしていた時期がありました。

結果、4時間睡眠法開始2日目でいきなり重度の風邪をひき1週間ダウン。時間を有効に使うどころか1週間棒にふったという痛い過去があります。

それもこの寝るべき時間寝なかったこと、睡眠時間をきちんととらず免疫系を休ませなかったことが原因だとわかりました。

 

3:年齢による低下。
30歳代から免疫力は低下していきます。

 

4:ストレス

stress
ストレスを感じると人間の体は目の前に敵が来たととらえます。その敵に備えるため血液を筋肉及び脳へ大量に送り込みます。
本来免疫系に送るべきエネルギーを筋肉などに送り込んだ為免疫力が低下します。その結果肌荒れなどの軽度な症状から癌、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす恐れもあります。

私が社会人になってから風邪をひきやすい体質になった一番の原因はストレスだったのでは?と思います。
叱られたり、嫌なこと、極度に緊張するような事が頻繁に起き、元々心配症、考え過ぎだった私はしょっちゅう悩むようになりました。

その結果免疫力にまわすエネルギーがすべて筋肉などにまわされ免疫力の低下を招いたことになります。

つまりいかにプラス思考、ポジティブに物事を捉えるか、ということが大切になります。

これは健康を維持するための外的要素というよりも心の内面のことです。

私は日々いかにストレスをためずに平和な気持ちで過ごすことができるのかインターネットや本屋に通って調べました。
その結果私の問題、疑問に答えてくれる本、ビデオを見つけることができました。

その結果徐々に物事をプラスに捉えれるようになってきたのではと思います。こちらも健康法と同じくちょうど一年前から興味を持った分野でまだまだ勉強中の身です。

この心に関する事はまたいずれ別のサイトを立ち上げそこでお話したいと思います。

 

5:食事。

syokuji
食事のバランスが免疫系に大きな影響を与えます。また脂肪の取りすぎで血液の流れが悪くなり白血球の機能も低下し免疫力が低下します。
私の場合、仕事仕事の日々で食事に注意を払わなくなりました。毎日コンビニの弁当ばかりではそりゃー免疫力も下がります。

 

6:タバコ。
タバコにより肺の免疫細胞に影響があり肺の免疫系で中心的な役割を担っている肺胞マクロファージの免疫力が低下します。その結果肺癌などのリスクが高まります。

 

7:飲酒。

wine
血中のアルコール量が一定量以上増えると NK細胞の活性が低下し、 顆粒球が必要以上に増加します 。ガン専門キラーの活性が低下するということはその分ガンになりやすいこと を意味します。 顆粒球が必要以上に増加するということは免疫系のバランスが崩れ、免疫力低下を招きます。

この一定量というのには個人差があり、いわゆるお酒に強い人とお酒に弱い人とでは分量に差があります。アルコールは肝臓でアセトアルデヒドになり、アセトアルデヒドは染色体を傷つけるなど有害であることがわかっています。お酒に強い人はこのアセトアルデヒドを分解する酵素を多量に持っているというわけですが、お酒に弱い人はこの酵素を少量しか持っていないというわけです。

アルコールがまず体内に入ると 副交感神経を刺激し体がリラックスします。つまりそこまでで飲むのをやめるといいわけですがさらに自分の許容範囲以上飲み続けるとアセトアルデヒドなどの影響から 交感神経が緊張し二日酔いなどの悪影響が出てきます。

ただ「酒は百薬の長」という言葉もあるように、確かに長寿の方で毎日 1合程度の晩酌をしておられる方もいます。お酒を飲むことが悪いということではなく自分にあった飲酒を心がける、ということが大切だと思います。

私は大学時代まったく自分の適量を知りませんでした。飲み会の次の日は必ず二日酔いになり続いて風邪もひいてました。適量以上に飲んだために免疫力が落ちたのでしょう。

今では1年の数回しか飲むこともなくまた自分の分量を守っているので二日酔いになることはありません。

 

8:運動不足

run
運動不足により免疫力が低下するというより運動することにより免疫力が高まります。現代人は総じて免疫力が低い傾向にあるので免疫力アップが重要になってきます。軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動によりNK細胞が活性化し免疫力が高まります。ただし過激な運動をしたり有酸素運動をやめるとまた免疫力が低下するので継続的な運動が大切です。

免疫細胞って何?たのもしいヒーロー免疫細胞 六人衆!

免疫細胞って何?たのもしいヒーロー免疫細胞 六人衆!

 

専門的な話でちょっと長くなってしまいます。時間のない方は飛ばして頂いてもかまいませんので。

免疫力は血液中の白血球の中に存在していてその白血球は免疫細胞から成り立っています。

免疫細胞の内訳は

1番手!!
マクロファージ 5%

リンパ球を構成している

2番手!!ヘルパーT細胞

3番手!!キラーT細胞

4番手!B細胞

5番手! NK細胞35%

6番手!!顆粒球60%

あわせて 免疫細胞 六人衆!

と、出揃ったところでそれぞれの役割を解説したいと思います。

免疫細胞は自然免疫系と獲得免疫系によって成り立っています。 自然免疫とは、生まれつき持っている免疫系で獲得免疫とは、いろいろな抗原、ウィルスに感染することで身につく免疫系、いわゆる抗体のことです。

自然免疫( 生まれつき持っている免疫系 ):マクロファージ、NK細胞(癌専門)、好中球( 顆粒球 )

獲得免疫系( いろいろな抗原、ウィルスに感染することで身につく免疫系 ):B細胞、ヘルパーT細胞、キラーT細胞

ウィルスが体内に侵入するとまずマクロファージがウィルスを捕食し同時にマクロファージがリンパ球へウィルスが侵入したという情報を送ります。
いうなればマクロファージは城を守っている門番でしょうか。敵が来るとその敵を攻撃しつつも鐘を鳴らしリンパ球へ敵来襲の合図を送ります。

またマクロファージは リンパ球の ヘルパーT細胞と共同しサイトカインを放出します。 サイトカインは NK細胞、Tキラー細胞、B細胞を活性化させる重要な働きをします。

マクロファージから情報を受けた白血球内の司令塔的役割ヘルパーT細胞はキラーT細胞、 B細胞 へウィルスへの攻撃指令を出します。 キラーT細胞が細菌、異物を攻撃している間に B細胞はその細菌、ウイルスを分析し抗体を生成します。
スポーツで言うならば ヘルパーT細胞は監督で キラーT細胞、 B細胞は要の選手と言ったところでしょうか。

NK細胞:NKとはnatural killer の略で文字道理殺し屋。 自分勝手に体を巡回し癌細胞を見つけると攻撃します。 NK細胞はスポーツチームでいうところの一匹狼のエースでしょうか。

白血球内の約半分を占める顆粒球は通常1、2日しか寿命がないので随時生成されています。 顆粒球に内訳は90%以上が好中球で残りが 好酸球、 好塩基球です。
好中球は非自己と認識した、つまり外部から体内に侵入してきた異物、細菌などを細胞内に取り込み消化します。それを 貪食するといいます。

免疫力はリンパ球と顆粒球のバランスがとても重要でそのバランスが極端に崩れると、いろいろな疾病に見舞われる可能性が高まります。かつ免疫系が正しく働くににはそれぞれの細胞の迅速な自己・非自己の異物の認識及び攻撃の開始と終了がポイントとなります。細菌が死滅したにも関わらずむやみやたらと攻撃を続けては体を傷つけてしまうからです。

免疫系のバランスが崩れると 細胞が敵を見つけられなかったり攻撃力が弱まり敵を殺せなかったりします。それが免疫力が低くなっている状態です。

つまりここ10年間私の免疫系のバランスが崩れており免疫細胞が風邪のウイルスを見つけることができなかったか、殺せるほど攻撃力がなかったということでしょう。

それでは次はいったい何が原因で免疫系のバランスが崩れ免疫力が低下していたのか見ていきたいと思います。

免疫力って何?健康維持に大切なその理由。

免疫力って何?健康維持に大切なその理由

meneki
まずはじめに健康の源と言っても過言ではない体の内部のこと、「免疫力」についてお話したいと思います。

外部から体の中に入ってきたウィルス、細菌などの病原体を攻撃、殺傷、排除する力を免疫力といいます。

免疫力がないと人間は生命活動を維持することができません。免疫力があるから病気を治癒できるのです。

つまり私がこの10年風邪ばかりひいていたのはこの免疫力が低下していたからに他なりません。

cold

しかし思い返してみると大学生の時まではそんなに風邪をひいた覚えがありません。社会人になり親元を離れ一人暮らしし始めてから急に病気がちになったように思います。つまり何かしらの理由があって独り立ちして以降急速に抵抗力が低下したと考えられました。

話が私事になってしまいましたがでは免疫力の話の続きです。

免疫力は血液中の白血球の中に存在しています。その白血球は免疫細胞から成り立っています。

免疫細胞は自然免疫系と獲得免疫系によって成り立っています。 自然免疫とは、生まれつき持っている免疫系で獲得免疫とは、いろいろな抗原、ウィルスに感染することで身につく免疫系、いわゆる抗体のことです。

次の「免疫細胞って何?」で免疫細胞について詳しく話したいと思います。